ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
源。

2018年も今日で終わり。

今年一番聴いたアルバム。

家族が寝静まってからの

静かな時間、心が落ち着く

声と演奏が1日の疲れを癒して

くれる音楽。

私にとって力の源とも言える

音楽です。


https://www.youtube.com/playlist?list=PLnh-8Vv3cXAYQzm4hADxEFF3umkkbw-Ah

- comments(0) trackbacks(0)
carrot cake.

昨日から思い浮かんでいるのが

キャロットケーキの事。


あの人参とちょっとレモンが効いたクリームチーズと細かいクルミの

絶妙な三位一体の味!

後は何のスパイスだろうか。


初めに作った人は凄いなぁと

マッチ売りの少女のみたいに

薪ストーブの火を見ながらキャロットケーキに想いを馳せている。


自分で作ろうかと思うけど

想像で料理を作る私には

お菓子は技術が追いつかない...


想像と言えば、

実家の母の作るご飯は

使っている調味料も知っているの

だけど、いつも想像以上の味で

旨いのだ!


私の考えの及ばない何かが

まだまだあるのだろう。


今夜は

折坂悠太の「たむけ」を聴きながら。

                                   Yokomizo yuko



Foods comments(0) trackbacks(0)
ずる休み。

月夜の晩に犬の散歩。

この頃は夕方の散歩が専ら、

夜になっている。

十五夜の明るさに月の出ていない夜の暗さを思う。


先月、友人のWSにて瞑想の話題になった折りに、友人が


瞑想は日々の全ての事から自分を解放する、何も考えない時間で貴重な時間なんだと話してくれた。


私はとても衝撃を受けた。

今までは、例えば音楽を聴いたり、とても気持ちの良い風に吹かれたりすれば、同じように心がシンとして

気持ちの切り替えができると考えていたが、

頭を空にすること、何も考えないということは

日々のしなければならない事からの

解放される、何と重要で貴重な時間なんだと教えられた。


そんな時に台風クラブの「ずる休み」という歌が胸に ぐっときた!

時には自分をずる休みしたって

いいじゃないかと。


https://youtu.be/13kNHZyw1hA

ongaku comments(0) trackbacks(0)
Behind.

 
  先日、中学生の息子の英語の教科書を読んでいたら(最近勉強のために)、
 
 フェアトレードについての話が載っていた。その中で behind という言葉に目が留まった。
 
 裏側、陰に、後ろ側。そういえば、ラジオでもbehind the melody ってあったなー。
 
 先頃、夫の創氏が手に入れた tenniscoats 「Tan Tan Therapy」のを聴きながら

 珍しくライナーノーツを読んだ。

 そこには録音時のエピソードが書いてあって、大好きな曲の別バージョンの出来たいきさつが

 外国でのことで楽器を加えるんじゃなくて、声でやってみようとなって生まれたのだった。

 そう考えながら聴くと顔も知らない誰かが一生懸命声を出している姿が目に浮かぶ。

 あー、後ろ側を知るってこういうことかーと腑に落ちる。

 表側、表面だけからは読みとれないこと。

 見えないけど、知ると好きになったり、解ったり、流されなかったり。

 そこにあると意識することが大事だなーと確信する夜でした。


 

 写真は「 Music Exists 」というアルバムで Ratanka という曲が好きです。

 Tennis coats の曲は何処にもないようなメロデイと不思議だけれど

 しっくりくる歌詞がいいです。   
                                よこみぞ ゆうこ

 

ongaku comments(0) trackbacks(0)
映る。

 夕方、いつものように犬の散歩をしていて、夕焼けが田んぼの水面に映りこんでいてきれいだった。

もう田植えを終えているので、苗が等間隔に生えているのに、向こうの山だったり空や雲がちゃんと映っていて ドラえもんの道具みたいにその中におんなじ世界があってとぷんと入っていけそうなぐらいだなと感心。

水はそこに映し出せてすごいなーと考えていたら、鏡、ガラスもで、そういえば人間の目も透明なゼラチンみたいな もののおかげで見られるんだーとさらに感心!イメージで。

今夜は Tenniscoats - 'Iso Phase' (Live at 3RRR) を聴きながら。 よこみぞ ゆうこ

日記 comments(0) trackbacks(0)
観察者。
いつもの朝。庭のエンジュ越しに青空が広がっていた。 毎朝通る峠のところは少し前までは向こう側から赤い太陽が昇ってくるが見えた。 だいたい同じ時間に通るけど、今時分は空がすでに明るい。 ふと思った。これって毎朝、定点観察してる!と。 そんな時、頭の中では 七尾旅人の 「どんどん季節は流れて」 が流れている。  横溝 夕子
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
見上げる。
   このところ歩いてても車を走らせていても樹の上を見てしまう。    なぜなら1月ほど前によく通る交差点の上を何気なく見上げたら   高い樹の上に鳥の巣があるのを発見したから。    その巣は何かが住んでいる気配はなかったが、その後、久しぶりに   通った道でも発見! そしてそして今度は有鳥というのか、おそらく   卵温め中の鳥まで発見!! もう毎日見上げている。    嘴だけで運んだ枝だけで作り上げた作為のないはずのそのフォルム。   心が和みます。 さて明日は晴れるからまた見上げるとしよう。                        横溝 夕子 創氏作ブリキの巣箱ブリキのパッチワーク巣箱小鳥のテント
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
メッセージ。
    

 何となく読みたくなって、ガイアシンフォニー間奏曲という本を手に取る。

 パラパラと気になったページを読むと、一本のトマトの苗から13000個の実が成る

 という話に目が留まる。化学肥料も遺伝子操作も農薬も使わずに、ただ水と栄養を

 たっぷりあげるということ。それは植物が初めから持っている要素を信じて、

 植物が安心して成長できるように手助けをすることであるという。


 ふと、数日前に中二の息子に言われた言葉を思い出す。

  「お母さん、俺にそんなに期待しないでくれる。」

 間違った方向に行ってるんじゃないかとか、もっとできるはずでしょうとか、

 そうじゃなくて、もっと信じて手助けでいいのかと。

 必要な時には、至る所からメッセージが届くと感じた夜。





開いて行こう。


                    よこみぞ ゆうこ
日記 comments(1) trackbacks(0)
石。
 

    久しぶりに時間が空いたので、少し遠くの道の駅まで出かけてみた。

    帰りに那珂川の岸辺の降り、川原の石を積み上げてみた。

    自分の指先だけの感覚でバランスをとることが結構好きだ。

    漬物用の手ごろな石をお土産に帰った。   横溝夕子




                           
日記 comments(0) trackbacks(0)
繋ぐ人。
 
  
 今日の夕方は雨の散歩となった。
 
 合羽と長靴の隙間をぬって太ももに落ちた最初の雨のしずくで

 秋だなと感じた。


 今日は益子の土祭にでかけ焼き物の展示を見た。

 ある作家さんの話を聞いていて繋ぐってこういうことかと

 ぼんやり分かったような気がした。

 親から子へ。


 小4の息子が「昨日着た体操着は?」と。

 「お父さんが洗濯してくれたよ。どうかしたの?」
 
 「昨日鉄の何か拾ったんだよ。」と、干してあった体操着を逆さに振ったりして、

 「あった〜」と。

 手の中を見ると、薄いワッシャーのようなものだった。摩耗して平たくなったの
 だろうか。

 私のお宝コレクションに加えられた、

 子から親へ。

 仕事だったり、仕事じゃなくても繋がっていくんだな。

                               横溝 夕子






    




   
    



日記 comments(1) trackbacks(0)
| 1/14 | >>