ブログやるならJUGEM
観察者。
いつもの朝。庭のエンジュ越しに青空が広がっていた。 毎朝通る峠のところは少し前までは向こう側から赤い太陽が昇ってくるが見えた。 だいたい同じ時間に通るけど、今時分は空がすでに明るい。 ふと思った。これって毎朝、定点観察してる!と。 そんな時、頭の中では 七尾旅人の 「どんどん季節は流れて」 が流れている。  横溝 夕子
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
見上げる。
   このところ歩いてても車を走らせていても樹の上を見てしまう。    なぜなら1月ほど前によく通る交差点の上を何気なく見上げたら   高い樹の上に鳥の巣があるのを発見したから。    その巣は何かが住んでいる気配はなかったが、その後、久しぶりに   通った道でも発見! そしてそして今度は有鳥というのか、おそらく   卵温め中の鳥まで発見!! もう毎日見上げている。    嘴だけで運んだ枝だけで作り上げた作為のないはずのそのフォルム。   心が和みます。 さて明日は晴れるからまた見上げるとしよう。                        横溝 夕子 創氏作ブリキの巣箱ブリキのパッチワーク巣箱小鳥のテント
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
秋の果実。
 


   秋になって我が家の畑の収穫物も様変わりしつつあります。

   収穫量に比例して家族以外の消費者が増えて、何者かは解りませんが、

   先に頂いていました。



   




   2階からなんとなく畑をみていたら、すみに生えている木に

   1つだけキミドリの楕円のものが見えた。

   慌てて畑に見に行くと、葉も落ちている木に花梨がなっていた。


   越してきて4年。春はピンクの花が咲き、小さい実がなるけど

   いつのまにか落ちているし、もしかしてアーモンドやアボカドで

   益子が寒すぎて大きくならないのかなとか、一人であれこれ想像

   してたのが、謎が解けました。

   貴重な一個の花梨ははちみつに漬けてみようと思います。


   


   明日から4日まで秋の陶器市。

   新作もいろいろ並びます。

   場所は見目陶苑奥です。

   ぜひお出かけ下さいね。


   



                   

        よこみぞ ゆうこ                     



近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
ちいさなお客さん。
  

  午後、玄関が開けっ放しになっていたので、

  閉めようと三和土に降りたところ、ちょうど玄関前を

  のこぎりくわがたが横切っていた。

  あわてて家族みんなを呼ぶ。

  創氏によるとみやまくわがたらしい。

  冬眠場所をさがしていたのか・・・

  近所の生き物好きのお友達の家に二男が届けました。



    




今You tubeで聴いていたらいつか自分もやってみたいと思っている理想の

音楽があった。

Aloe Blacc | I Need A Dollar | A Take Away Show - Part 1

カフェのテーブルで道端で音楽を奏でてみたい。





昨日月一回頼んでいる埼玉のそのつ森さんのパンが届いた。

以前益子のペンションで販売していた方で、だんなさんは農業をしている。

パンは自家製酵母を使っていて、材料も何も語らずとも人柄から安心安全なものを

使っていると確信できる。

どのパンも絶妙な味で毎回楽しみにしているのだけど、また、一緒に入っている

手紙がいつも楽しい。時々おくさんの代筆でだんなさんが書いているのだけど、

内容がほんとにその人を表していて温かい気持ちになる。

人が書いた言葉っていいな〜と思うのでした。


                        よこみぞ ゆうこ


近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
音の正体。



  今年はやたらにカミキリムシみたいのが家にいるなあと思っていたら

  いました。外に積んである薪にたくさんその虫がくっついていました。

  薪の穴を作ったのはこれだったんだな。 悪さはしないけどね。




   





  苺しごと。





  たくさん採ってきた苺をジャムにしました。

  かわいい白い苺も入って酸味のあるジャムになりました。






  

近くの自然 comments(1) trackbacks(0)
台風の残したモノ
 


    今朝はむっとする熱気で目が覚め、ベランダに出ると

    快晴で、台風一過だーと楽しい気分になりました。


    子供たちを学校に送り出し、玄関から覗くと何か変。

    あー、木がたおれてる。倒れかかっている。

    うちのシンボルツリーでもある槐の根元がもりあがって

    いました。

    昨夜のベッドが揺れるほどの強風に耐え切れなかったのかと

    台風の怖さとほんとに木って倒れるんだと実感しました。




    


      あさ。





   


     夕方。

     どんどん傾いている。

     風よ、吹かないで。



                              夕子
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
エックス蜘蛛?
 

   先日、窓の下に蜘蛛を発見した。

   よく見ると、蜘蛛の後ろがバツになっていた。

   蜘蛛が何のために作ったかは不明だが、

   面白いからブログのネタにしようと思っていたら、

   気づいたら、一本増えていた。

   何なんでしょうね。


  


    謎の蜘蛛。




 

         



  今日は「やかまし村の春夏秋冬」を久しぶりに見ました。

  スウェーデンの3軒だけの小さな村の子供たちのお話。

  微笑ましいエピソードがたくさん。

  クリスマスを楽しみにしていて、雪が降ると大はしゃぎ。

  スズメにもクリスマスがある!と言って、小麦の束をきに下げたり。

  エイプリルフールに学校の時計を2時間早めて、

  2時間早く登校して、先生をだましたり。

  家族みんなで作業をしたり。

  シンプルで豊かな暮らし。

  今は複雑に見えて、ホントはシンプルでいいのかも。

  シンプルに感じたい。



             


     さかさまのハート!





                            横溝 夕子


     

  
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
マルとビックリマーク。
     




  長かった陶器市も竜巻とともに終わり、

  田んぼにはおたまじゃくしが泳ぎ、

  草むらには葛のつるが伸び、

  夏が来るなーと、くるのかーと

  ぼんやりと、陶器市ボケのこころで感じました。


  悪天候のなか、来てくださった方々、

  どうもありがとうございました。

 

  


     数日前の満月。

     
     東の空に上りはじめた月がすき。


     
   


   突如!



  


   息子が文章の最後にビックリマークを付けてた時は

   びっくりして、おかしかったなー。

   一年になる次男もこの間、かいてて、わらったなー。

   子供の頃の、語尾につけたくなる感じ。

   忘れてたな。



                         ヨコミゾ ユウコ





     
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
昔も今も。
 

  ここ数日、ベランダに出ると、パシーン、パシーンという音が響いてきます。

  何かなと思っていたら、近くの梨畑で枝を切り落としている音みたいでした。

  近くでみると、枝が上へ、上へと伸びています。寒い冬を乗り越えて、

  これから芽を出して、花を咲かせるんだな、春だなーと。

 

 



  カラスが何かをくわえて飛び立ちました。

  それは、枝でした。そうか、カラスは春に巣を作るんだ。

  

  新しい季節。何か始めよう。

  とりあえず、髪をばっさりと切ってみた。軽やかに。




  本日、春の嵐なのか、益子は砂嵐でした。

  そんな中、数日前に友人に芋植えた?ときかれ、

  もうそんな時期かとあせって種芋を買いに行くが、

  品薄で、半分腐ったような種類があったりと

  やっぱり終わりかけなんだと、すぐに植えました。

  
  少し、鍬もって開墾していたら、ふと、向こうの山の稜線が

  目に入ってきた。
  
  まだ芽吹いていない木の枝ぶりが、

  何だかふわっとしているようでいいなーと思って見ていたら、

  あれ、きっとこの稜線、昔の人も見ていたんだなーと感じました。

  日の出とともに起きて、朝飯前に畑で一仕事をして、

  切り株に腰掛けて、暖かくなってきたから

  そろそろあの山にも花が咲くなーなんて考えながら、

  一服していたんじゃないかな。

  昔も今もそこにあって、今はわたしが見ている。

  不思議だな。


  



   
                                    よこみぞ ゆうこ
  
  

  

近くの自然 comments(1) trackbacks(0)
空の雲
 

  2泊3日で創氏の実家の大磯に行った帰り、

  首都高から常磐道へ走ってしばらくすると、

  とたんにはっきりと景色が田舎になることに

  気付きました。

  子供たちも「ホント、田舎だー」と叫ぶぐらいの

  広大な田畑。ほんの数時間前は、たくさんの人と

  車とビルに囲まれていたから、よけいに、くっきりと

  ギャップに驚きました。

  そして何だか、普段住んでいる益子が小さく思えて、

  そこであくせくもがいてる自分がさらにちいさいなーと。


  でも、まずは足元から、こつこつと。見えてくるかしら。



    

   



      香月泰男さんのまるの絵みたいな雲。

      笠間の公園にて、1月前に撮影。



                        今日は雨音。  よこみぞ ゆうこ
            





  
近くの自然 comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>